フランスの世界遺産を見る旅行は魅力的な風景があります

フランスの世界遺産を見る旅行は魅力的な風景があります フランスの旅行では、パリが一番に素敵な観光地ですが、その他に北部にあるユネスコ登録の世界遺産を見る旅行もロマンチックです。それはノルマンディの海が、晴れたら見渡せる場所にあるモンサンミシェルです。そこはパスティユと呼ばれる牢獄に使えわれた教会ですが、孤島にある様にそびえている建物です。現在では行き来する道路がありますが、その途中にあるフランス古民家の可愛い風景が見られます。そこへは、パリから列車とバスで乗換えを行って行けます。それは決してパリから近くはないのですが、多くの観光客が訪れる観光地です。

そのフランスにあるモンサンミシェルには、新婚旅行で来る日本人も多いのです。そこにはレストランや郵便局、蝋人形館等の施設があります。また宿泊施設も完備している様で、もっとも見晴らしい風景が見られる建物の上の部分には、日の沈む時間帯の夕焼けが、最もきれいだと言われています。そして特徴的なのが、回りの海が引くと沼地の様になっている事です。そして教会の回りを歩くと靴が泥だらけになりますし、場所によっては底沼のように足を引っ張られるのです。ですからフランスのパスティユとしての役割があったのです。それに駐車場からのモンサンミシェルは、素晴しい眺めです。また正面玄関の門は、頑丈で歴史を感じさせてくれます。それは多くの見所や歴史のある建物です。ですからフランス北部の世界遺産を見る旅行も面白いのです。